荘内銀行はどんな銀行か?

荘内銀行はどんな銀行か? > コンビニATMと荘内銀行の提携

コンビニATMと荘内銀行の提携

地方銀行の業界では、都市銀行やイオン銀行などの新興金融機関と提携を結び、自行のカードがさまざまな銀行のATMで利用できるよう、利便性を向上させています。

特に最近では、セブンイレブンにあるセブン銀行ATM、ローソン店舗のATM、その他のコンビニ系列が導入しているイーネットATMなど、さまざまなコンビニATMが登場しています。従来の銀行では、これらの各社と提携金融機関として契約を結び、他行利用手数料などを支払うことで、自行の預金を取り扱ってもらえるように対応しています。

荘内銀行では、コンビニとのATM提携サービスとして、現在セブン銀行ATMとローソンATMとの間で提携を図り、それぞれのATMから荘内銀行の口座に関する操作ができるようになっています。セブン銀行の場合は、引き出しと預け入れ、それに残高照会について操作することができます。なお、ローソンATMの場合は引き出しと預け入れ、それに残高照会に加えて振り込みにも対応しているので、日常使いをするゆえの利便性においては、ローソンATMとの連携が進んでいると言えます。

なお、肝心の手数料ですが、いずれのATMを利用する場合でも、残高照会以外の操作を行った場合108円のATM手数料がかかります。手数料はちりも積もれば山となるので、他行でも手数料無料となる取り組みをしているところもありますから、ぜひ改善をしてほしいと思います。なお、同じコンビニATMでも、イーネットATMで荘内銀行の各種サービスを利用することはできません。これも、他行においてはすべてのコンビニATMと提携を結んでいるところもありますから、ぜひ改善してもらい、利用できる場所を増やしてほしいものです。