荘内銀行はどんな銀行か?

荘内銀行はどんな銀行か? > 荘内銀行の地域貢献活動

荘内銀行の地域貢献活動

荘内銀行では、地域経済活性化をめざし、地元山形県内の各地域を対象として地域貢献活動への取り組みを行っています。これらの取り組みはどの金融機関でも積極的に行っているのですが、特に荘内銀行では、平成10年3月に社会貢献のコーディネートを行う部署として「ふるさと振興室」を設け、地域社会で行われるスポーツイベントの協賛や後援、団体が行う社会教育活動や文化活動など、市民活動全般に対して「荘内銀行ふるさと創造基金」を交付するなど、積極的な取り組みを進めています。

その他、荘内銀行で行っている活動としては、モンテディオ山形に関連する支援はかなり積極的に行われています。荘内銀行では、JリーグJ2に所属するモンテディオ山形の支援をチーム発足以来、長年にわたって続けていて、現在でもチームスポンサーであることはもちろん、ホームグラウンドのネーミングライツを他社と共同で取得するなど、モンテディオ山形に対する支援は年々増加しています。また、モンテディオ山形と共同でサッカースクールやサッカー大会を開くなど、組織間の連携も深めています。

また、モンテディオ山形の支援を推進する一環として、荘内銀行では毎年モンテディオ山形の勝敗によって利率が変動したり、プレゼントがもらえるお得な定期預金「モンテディオ山形熱血応援団」を毎年取り扱っています。2014年の場合はJ1リーグ昇格時とJ2プレーオフに進出した場合、それぞれ店頭表示利率に対して金利が加算されるようになっています。顧客にとってもこれらのサービスは非常にユニークで、ありがたいサービスだと言えます。